MENU

ホーム > 会社を守る就業規則の作成

会社を守る。就業規則。

そもそも就業規則とは、何でしょうか?

就業規則は、労働条件や、会社が守ってもらいたい遵守事項、遵守事項を破った場合の方法などを記載したものです。 事が起こってからではなく、あらかじめ貴社の業務内容に沿って、遵守事項を決めておくことで、従業員さんに安心して仕事をして頂いたり、遵守事項が守れなかった時に、就業規則を確認して注意を促すことができます。

就業規則に根拠があれば、何かあった時の対処がスムーズに行えます。

もしも、就業規則がなかったら…

もし、就業規則が無かったら、従業員さんがとった行動により何か会社に不利益を被るようなことが発生したとしても、従業員さんをとがめる根拠がありません。

何が許され、何が禁止されているのか、従業員さんと共有することで、そのようなトラブルも未然に防ぐことができます。

従業員10名未満の会社は、就業規則はいらないのか?

答えは、NOです。

この点、労働基準法では「常時10人以上の労働者」を使用する使用者は就業規則を作成し、労働基準監督署に届け出なければならないと規定しています。

つまり、労働基準法は、あくまで「届け出が必要なのは10名以上」と言っているだけですので、10名未満の会社に就業規則は要らないとは言っていません。

会社の大小にかかわらず、トラブルに備えて、対策をしておくことで、経営者の心労を軽減することができるものです。

少人数の企業様でも、ルールを決めて、企業経営を行うことをお勧めいたします。

 

元へ戻る

良い就業規則とは

  • 社風、経営理念に沿っている。
  • 法的に適合している
  • 御社の現行の運用に則している
  • いざという時に会社を守れる
定期的な見直しを行う
社風に合った就業規則を作成
従業員も閲覧できる場所に常備

就業規則は、いざという時に役に立つものでなければ意味がありません。御社の社風、経営理念、業務内容に沿った内容の就業規則を作る必要があります。また、定期的に見直し、ブラッシュアップしていくことも必要です。
また、せっかく就業規則を作成しても、従業員が閲覧できる状態にしていなければ、有効な就業規則とは言えません。
トラブルにならないように、就業規則は、社内で閲覧できるところに常備して、社員とともに共有することで、意識も高まります。


サイドメニュー

会社情報

Tel:072ー768ー9672

〒666ー0014
兵庫県川西市小戸2-5-4-303

JR福知山線川西池田駅徒歩10分
阪急宝塚線川西能勢口駅徒歩5分



© 2019 NC労務KANSAI 社会保険労務士 行政書士 北沢大治郎事務所 All rights reserved.